YouTube動画に目次を作成する方法【視聴者の利便性を高めよう】

こんにちは、ベクトリムの尾内です。

今回はYouTubeで動画をアップロードしている方向けに、動画内に目次を作成する方法を紹介していきます。YouTuberの方だけでなく、マーケティングとしてYouTubeを活用している企業の方もぜひ参考にしてみてください。

YouTube動画の「目次」とは

まず最初に、YouTube動画に追加する「目次」とは何なのかを簡単に確認しておきます。

これは「チャプターポイント」「スキップポイント」「タイムスタンプ」など色々な呼び方がされるようなのですが、以下画像のように動画の説明欄にスキップ可能な目次を挿入できる機能のことを言います。

スキップ可能な目次を追加したイメージ

YouTubeを色々見られている方は、上記のように動画内を飛べるリンクが説明欄に書いてあるのを見たことがあるかもしれませんね。動画が短い場合にはなくても問題ありませんが、動画内に複数の目次や章を作れるケースでは、目次を作っておいた方が視聴者に見やすい利便性の高い動画となります。

このチャプターポイントを作成すると、以下のように動画のプログレスバーにも目次が作成されます。

動画内にも「目次」が追加される

そして、上の画像の赤枠部分をクリックすると、以下画像のように(PCであれば)スクリーンの右側に「チャプター」が表示されるようになります。

YouTubeの右側スクリーンに表示される「チャプター」のイメージ【PCの場合】

YouTube動画に目次(以下、チャプターポイント)を作成することで、以上のような機能を実装することが出来ます。いずれも動画を視聴してくれるユーザーにとっては役に立つ機能なので、ぜひ作れるようにしてみましょう。

以下でその方法をお伝えしていきますが、とても簡単です。

YouTube動画に目次を作成する方法

上記で紹介したようなチャプターポイントを作成するためには、以下3つのルールを守る必要があります。これさえ守れば、簡単にチャプターポイントを作成することが可能です。

チャプターポイント作成に必要な「3つのルール」

1つ目のルールは表記方法です。基本的に「00:00:00」のようなタイムスタンプ形式【時間:分:秒】で記載すれば自動的にチャプターポイントが作成されます。これ以外の表記で記載した場合には、チャプターポイントとして認識されないので気をつけておきましょう。以下がイメージです。

タイムスタンプ形式での記載イメージ

2つ目のルールは各チャプターごとの長さです。10秒未満の単位でチャプターポイントを作成しようとするとうまく機能しないので、チャプターポイントは最低でも10秒以上の間隔をあけて作成するようにしましょう。

3つ目のルールはチャプターポイントの数です。チャプターポイントを1つだけ、あるいは2つだけ作成しようとすると、こちらもうまく機能しません。チャプターポイントが少なすぎても視聴者にとってあまり意味のない情報となってしまうので、最低でも3つ以上のチャプターポイントを作成するようにしましょう。

以上がYouTube動画に目次、チャプターポイントを作成する方法でした。簡単にすぐ作成することが出来るので、ぜひ積極的に活用してみてください!

今回はYouTubeのチャプターポイントについて紹介してきましたが、私たちの会社では、会計やテクノロジーをはじめとしたコンテンツをYouTubeを活用しながら発信しています。会計をゼロから勉強して武器にしていきたい方や自分を成長させたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。講義受講後も受講者のみなさまと交流できるグループや成長の仕組みを用意しております。

ユーザーにとって見やすいYouTube動画が広まればうれしいです。

Contact

お気軽にお問い合わせください