Service Policy

Vector Learn 利用規約

この度は、株式会社Vectorium(以下、「甲」とする)が運営するサービス「Vector Learn(以下、「本サービス」とする)」へお申し込みいただき誠にありがとうございます。以下、本サービスへのお申し込みに伴う利用規約について記載いたします。

第1条(目的)

本サービスは、会計領域とテクノロジー領域を組み合わせたAccounTech企業として、代表はじめメンバーが蓄積した知見やノウハウを個人または法人に対して提供し、弊社ミッション達成の一環として人材を育成することを目的としています。本サービスで提供している各コンテンツごとに目的を示すようにしておりますが、必ずしも特定の資格取得を目的としているわけではありません。

第2条(契約の成立)

本サービスの受講を希望する者(以下、「乙」とする)が、本サービス内容および本規約の記載事項を理解し順守することに同意し、甲の指定するフォーム等を通じて申し込みを行います。甲は申し込みと支払いを確認後、本サービスをメール等で案内し、乙がこれに参加した時点で契約が成立したものとします。

第3条(受講拒否事由)

下記の事由のうち、乙がこれに一つでも該当する場合、ご受講をお断りさせて頂くことがございます。
(1)定員のある受講形式において、お申し込み時にすでに定員を超えている場合
(2)甲の指定する期日までに受講料を支払わなかった場合
(3)同業者による調査等、乙の受講理由が第1条にそぐわないと判断される場合
(4)乙が暴力団等反社会的勢力に属すると認められた場合
(5)その他甲が不適当と認めた場合

第4条(受講形式)

本サービスが提供するコンテンツは、オンライン受講(本サービスに含まれる各講義、演習、講義に関する質疑応答等のすべてがオンライン上で完結する形式)を前提としております。そのため、本サービスを受講するにあたっては、乙は本サービスの利用にあたり必要となる通信機器、通信回線、甲が指定する無料で利用できるソフトウェア、その他これらに付随する準備など、自らの費用と責任において行うものとします。

第5条(受講期間)

本サービスに含まれる各コンテンツは、上記第3条に該当する場合を除き、契約成立後から永続的に閲覧することが可能です。受講形式の変更または甲が指定するソフトウェア等の不具合により当初想定した方法でコンテンツの提供が停止状態になった場合には、乙が申し出ることにより何らかの形でコンテンツを閲覧できる状態を維持するものとします。講義に関する質問についても原則として同様の取り扱いとしますが、講義内容を超える質問や講義と関係のない質問、その他甲が不適切と判断した質問についてはこの限りではありません。

第6条(支払いと役務の提供)

(1)受講料

本講座の受講料はホームページに記載している料金とします。この料金は変更される可能性がありますが、お申し込み時に掲載されていた料金を適用します。また、別途お見積もりをさせていただいた場合には、当該見積りの料金を適用いたします。

(2)支払い

乙は甲の指定する形式に従って受講料を支払わなければなりません。

(3)役務の提供

原則、契約成立後に役務の提供が開始されます。

第7条(受講のキャンセルと清算)

契約が成立する前(第2条)までのキャンセルについては、手数料10%を差し引いた受講料を返金いたします。契約成立後(本サービス参加後)の返金に関しましては一切応じ兼ねますのでご了承ください。
ただし、甲の都合により役務が十分に提供するのが困難な状態に陥った場合等、甲の著しい過失が認められる場合には、乙は甲との協議の上、返金を申し出ることができます。

第8条(禁止条項・処分)

下記の事項の一切を禁止します。これに違反して、注意、勧告したにもかかわらず改善のない場合は、甲は乙への役務の提供を停止するか、追加費用の請求、一方的な契約解除を行うことができます。いずれの場合においても、受講料は返還しないものとします。

(1)暴力・破壊行為、脅迫、誹謗中傷等の行為
(2)飲酒及び薬物の使用、またはその行為があると判断された状態での受講
(3)下記に該当するような、受講に適さないと判断される態度・言動
  ・自発的に勉強する意志がない
  ・甲や本サービスが提供する各コンテンツに対する批判など、他受講生の勉強意欲を低下させる
  ・暴言、侮辱など、他受講生を害する
(4)本サービスが提供する各コンテンツに係る教材、動画、URL等の無断配布・転載
(5)顧客・講師等の勧誘等の営利目的での受講
(6)公序良俗・法令に違反する一切の行為
(7)コース受講アカウントの譲渡・共有等、不適切な扱い(人数分追加費用を請求いたします)
(8)その他甲が不適切と認めた一切の行為

第9条(免責事項)

戦争、天変地異など甲の責に帰さざる事由により、講座の提供が因難となった場合は、甲は乙の損害について、一切責任を負わないものとします。

第10条(秘密保持)

乙が本サービスを受講するにあたり、甲により開示された技術、営業及びその他事業の情報並びに、本サービスにおける講師・他の受講者等のプライバシーに関わる情報を秘密として扱うものとし、これらの情報を許可なく使用し、又は第三者に開示することを禁じます。ただし、開示を受けた際に既に公知になっていた情報はこの限りではありません。

第11条(損害賠償)

乙が過失もしくは故意によって、本サービスに起因又は関連して甲に損害を与えた場合、乙は損害の一切を補償しなければなりません。また、本サービスに起因して又は関連して乙と他の受講者、その他第三者との間で紛争が発生した場合、甲はこれに介入せず、乙が自己の費用と責任において解決するとともに、甲に生じた損害の一切を補償するものとします。

第12条(暴力団等反社会的勢力の排除)

甲はいかなる場合においても、本講座に暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、その他反社会的勢力を受講させず、また本サービスと一切の関わりを持たせないことを表明し、確約いたします。乙に対して、甲がその該当性の判断のために調査を要すると判断した場合、その調査を拒否することはできず、一切に協力する義務を負います。乙が当該勢力の一因と判明した場合、甲は受講拒否及び契約解除を行うことができます。この場合、甲は乙に生じる損害を賠償する責を負わず、受講料等も一切返金いたしません。

第13条(規約の変更)

甲は必要に応じ、事前の告知なく本規約の全部又は一部を変更することができます。変更された本規約は、Web上に掲載された時点で効力を発し、以後変更後の本規約が受講者に適用されるものとします。

第14条(その他)

(1)本規約について疑義が生じた場合、甲乙間で協議の上、その解決にあたるものとします。
(2)本規約に定めの無い事項については、民法、その他の法令に基づくものとします。